シーリングマイク活用事例:化粧品メーカー A社

化粧品メーカー A社では、拠点間のコミュニケーション円滑化のためテレビ会議を利用していました。
社内でテレビ会議を利用する社員の数は多く、開催される会議ごとに会議室のレイアウトを変更する必要がありました。
特に役員が参加する重要な会議の際は、有線の卓上マイクも利用するため、準備の際は会議テーブルの配置のほかにケーブルの取り回し作業も発生し、会議のたびに時間と手間がかかっていました。

また、配線時に思いがけずケーブルが断線したり、ケーブルを挿し間違えたりするトラブルもありました。

これらの課題を解決するため、シーリングマイクの購入検討をはじめ、

・天井に取り付けられるため、マイクのセットアップが簡単になること
・会議テーブルの上にマイクを置かないため、会議テーブルを有効に使えるようになる
・有線マイクなので、安定した運用ができる

この3点からClear One社のシーリングマイクの導入を決めました。

シーリングマイクを導入してからは、テレビ会議を開催するたびに行っていたマイクのセットアップと後片付けが不要になっただけでなく、マイク位置・配線を気にすることなく会議室のレイアウト変更ができるようになりました。

また、天井にマイクがされており、社員がマイクに触れることがなくなったため、人為的な理由によるケーブルの挿し間違いや断線などのトラブルもなくなりました。

 

導入製品紹介 : ClearOne社製 Ceiling Microphone Array

ClearOne Ceiling Microphone Array

【製品の特徴】

・3つの無指向性マイクを内蔵し、360度集音可能
・天井付近のノイズを最小化する設計で反響音とノイズを減少
・白と黒の2色展開
・30cm用と60cm用の2種類の吊ケーブルが付属
・マイク本体は、3.38×3.81cmとコンパクトかつ控えめなデザイン

【設置の際の注意点】

・設置箇所が天井であることから、空調の影響を受けやすく、空気の導線には注意が必要